2017年 05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
定休日
ゴールデンウィーク休業
2017年 06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
定休日
 
 
 
 
 
 

トップ > オーディオ > オーディオ用PC > 音楽再生用PC > オーディオ用Fanless PC 「Ritmo3」

オーディオ用Fanless PC 「Ritmo3」 オーディオ用Fanless PC 「Ritmo3」 オーディオ用Fanless PC 「Ritmo3」 オーディオ用Fanless PC 「Ritmo3」 オーディオ用Fanless PC 「Ritmo3」
オーディオ用Fanless PC 「Ritmo3」 オーディオ用Fanless PC 「Ritmo3」 オーディオ用Fanless PC 「Ritmo3」 オーディオ用Fanless PC 「Ritmo3」 オーディオ用Fanless PC 「Ritmo3」
拡大画像

オーディオ用Fanless PC 「Ritmo3」

オーディオ専用FanlessPC 「Ritmo3」
  納期  2月1日発売開始
価格 : 税込円(税抜円)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
「Ritmo」の特徴

■「Ritmo」とは
 

「Ritmo」 とはイタリア語で「リズム」という意味です。ネットワークオーディオ・PCオーディオをもっとスマートに、身近に感じて欲しい。
「Ritmo」はOLIOSPECのオーディオPCシリーズのモデルネームになります。
 
  
■スタイリッシュな筐体デザイン

スタイリッシュでオーディオライクなパソコンらしくないパソコン「Ritmo」。他のオーディオビジュアル製品と並べて置いて頂いても違和感のない洗練されたフォルム。
裏面のカバーを除く本体部分はアルミ削り出しの一体成型筐体で表面はヘアライン処理を施した美しいフォルム、放熱のための両サイドの放熱フィンもデザインの一部となりバランスの取れたスマートでスタイリッシュなPCに仕上がっております。
 

■主な製品特徴

1、ご使用予定のDACとの組み合わせ調整済により即時稼働が可能

ご使用になりたいDACをお選びいただければ予めドライバーのインストールやリスニング調整など必要な設定を実施しておくことで、面倒な設定は必要なくご購入後すぐに稼働が可能です。

2、起動ディスクをはじめ増設用ディスク容量も自由に選択可能

標準仕様では起動用ディスクに120GB SSDを搭載しておりますが、増設用HDD又はSSDの搭載の有無(最大4TBまで搭載可能)はもちろん起動ディスクの容量も最大4TBまで自由にカスタマイズ可能です。

3、 リアルタイムDSD変換再生などご希望に合わせてソフトウエアをセットアップ

foobar2000やJRiver Media Center(有償)を使ってDSD2.8MHz又はDSD5.6MHzにリアルタイム変換して再生したり、リモート操作で再生可能な仕様にするなどお客様のご希望により最適なソフトウエアを選択、セットアップしてお届け致します。

4、リッピングサーバー仕様にもセットアップ可能

ネットワークオーディオの先駆者である名門オーディオメーカーLINN社も推奨のリッピングソフト「dBpoweramp」とUPnP/DLNAメディアサーバーソフト「Twonky Server」をプリインストールし、必要な設定をした状態でお届けすることも可能です。普段パソコンに慣れないお客様にも比較的スムーズにご導入いただける、CDのリッピングとDLNAメディアサーバーに特化した仕様でお届けします。

5、 完全ファンレスなスタイリッシュ筐体、オーディオライクな外観

他のオーディオ機器と並べても違和感のない洗練された筺体デザイン。完全ファンレスアルミ筐体を採用し静音性も実現しております。
 

 
■Ritmoの主な特徴

完全ファンレスPC

側面の大型ヒートシンクを含む本体部分は削り出し一体成型のアルミ素材となっております。
CPUの熱を両サイドのヒートシンク全体に伝えて放熱する事が可能です。HDDベイも直接HDDを筐体に接触させて放熱させる構造となっております。大型 のヒートシンクを搭載していながら、ケースと一体となるデザインとなっております。
■お客様のご希望に合わせてインストール可能なソフトウエア

再生ソフト「Foobar2000」(無料)

PCオーディオの定番再生ソフト「Foobar2000」。DSD再生に必要なプラグインも予めセットアップ可能ですので、面倒な設定もなく、すぐにDSD再生をお楽しみ頂けます。
PCを起動すると自動的にFoobar2000が起動するように設定することも可能。
DSD音源はもちろん、WAVやFLACファイルをDSD2.8MHzに変換して再生することが可能です。
プラグインの追加でPCをNAS化することも可能です。
 ● 再生ソフト「JRiver Media Center」(有償)

Media Centerという名の通り音楽再生に特化したソフトではなくiTunesやWindows Media Playerのようなソフトですが、音質はなかなかのもの。
ASIOやWASAPIにも対応、さらにDSD音源のネイティブ再生やFoobar同様PCMからのアップサンプリング再生にも対応しております。さらに日本語表記で大変使いやすいのが大きな特長です。
30日間無料で利用することができます。

(価格は2014年12月現在 約$50です。)
 
再生ソフト「HQPlayer Ver.3 日本語版」(有償)

2.8MHzおよび5.6MHzのDSDファイルを再生するだけでなく,あらゆるPCMデータの再生も自由自在なHQPlayerは,フォーマットを選ばず非圧縮データを最高の音質で再生することを目的としてSignalyst社によって開発された音楽再生専用ソフトウェアです。HQPlayerの真骨頂はディザー,アップコンバージョン,PCM-DSDフォーマット変換を自在に行う機能です。DACでは大規模になってしまうこうした処理を,現代のCPUの有り余るパワーを使って効果的に実現します。

約2万円という比較的高価なソフトウエアですが音質は素晴らしいと思います。反面操作性が比較的わかりにくいという欠点もありますので、PC初心者には少しハードルが高いソフトウエアです。


リッピングソフト「dbpoweramp」(有償)

オーディオブランドの名門LINN 社も推奨の今や定番リッピングソフト「dBpoweramp」。豊富なタグ情報取得のためのPerfectMETA 機能をはじめ、FLACはもちろんWAV、Aiff、Apple Lossless、MP3など変換ファイル形式の柔軟性が高く評価されています。

使い方は簡単。CDを入れるとWEB上のデータベースからアルバムや曲のタイトル等の情報を自動的に取得します。左下の「Rip to」項目から希望のファイル形式(デフォルトはFlacに設定)を選択し、保存先フォルダを指定して左上の「Rip」アイコンを押せばリッピングを開始 します。


リアパネル (インターフェイス)

モニター出力端子にはHDMI及びDVI-Iを装備しております。一般的なPC用モニターはもちろん、ご家庭の液晶TVにHDMI入力端子があればTV画面に出力することも可能です。

標準仕様スペック


 
製品名 Ritmo 3
CPU Intel Core i3-6100T 3.2GHz/4MB Cache/Dual Core
メインメモリー 8GB DDR4-2133MHz SO-DIMM 
最大 32GB
ディスク

起動ディスク:120GB SSD(最大1TBまでカスタマイズ可能)

データ保存用SSD:なし (最大4TBまで搭載可能)

光学ドライブ:Blue-ray Drive

グラフィック Intel HD Graphics  HDMI 1.4a  x2
OS Windows 10  Home 64bitプリインストール
サウンド 2 (Mic-in, Line-out)
インストールソフト

OS:Windows 10 Home64bit

再生ソフト:なし(foobar200等ご希望によりインストール&設定可能)

リッピングソフト:なし(dbpower amp等ご希望によりインストール可能)

端子 x2 HDMI1.4a
x2 内蔵LAN 10/100/1000 Mbps
x4 USB 3.0
x各1 Mic-in, Line-out
環境 使用気温:0〜35℃
サイズ W390 x D225 x H40mm
重量 約5.5Kg
製品構成 Ritmo 3本体、電源(12V/108W AC Adapter)、ACケーブル、簡易マニュアル
製品保証 初期不良:ご購入から1週間
無償保証:ご購入から1年間持込修理保証
納期
2月1日発売開始

ページトップへ